家を購入する際に考えるのは、今どのような生活をするかを主に考えると思いますが、家は一生の買い物です。多くの人達は自分たちが年をとっても住み続けると思いますので、その時にも住むことができる家を考えておく必要があります。
例えば、駐車場から玄関に入るまでに階段がある場合は、今から60年先もその階段を上ることができるか、上ることが困難な場合はスロープに変えることができる傾斜かを見る必要があります。
また家の作りも、段差がありすぎると、後に大変になる可能性があります。収納する場所が2階にしかない場合は、扇風機やストーブなどを持って2階に上がらなければいけなくなります。収納できるスペースは、1階にも作ることをお勧めします。
木造住宅のメリットは、建てたあともリフォームを行えるということです。わたしたちの場合は、押入れの壁をくり抜いて廊下にそのまま出れるということを聞いたので、もしも車椅子生活になったとしても、ここに住めると判断して、購入を決めました。今から老後のことを考えることは難しいですが、老後に大規模なリフォームをしなければ住めない家にならないように、今、考えてみることも必要です。